フットボール道場とは?

「フットボール道場」は小さめのスポーツバーで、ゲストと来場者がお酒を飲みながら楽しくサッカーを語り合うトークイベントです。
 「選手とは違う方法でプレーする」がモットーのNPO法人 横浜スポーツコミュニケーションズが運営しています。
http://footballDJ.exblog.jp

by football-dojo
 
<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
 
プレイバック 第6回フットボール道場
世界の”周縁”で、技巧をさけぶ
 ポルトガル・ゴールデンエイジ最後の船出

レポート

 ヨーロッパの西端、つまり日本から見れば世界の周縁。そこでユーロ2004が行なわれる。ポルトガルはいろいろなイメージがある。ラテンの国、哀愁の国。寂しいという印象があるのはファドの影響なのか。革命から今年で30年。まだ若い国である。市之瀬敦氏は81年、まだ革命後、間もない頃にポルトガルに留学し、その後ポルトガル大使館員を経て現在は上智大学で教鞭をとっておられる。ポルトガルサッカーを知る日本人としては第一人者と言っていい。

 市之瀬敦氏には一度会いたいと思っていた。私は去年の11月、ポルトガルに行ってきたが、行くきっかけになったのは市之瀬氏の著書、「ポルトガルサッカー物語」を読んだのがきっかけである。エウゼビオを生んだ国、ベンフィカ・スポルティング、ポルトの3チームがリーグを仕切っている国、どこか垢抜けなく、どこか憎めなく、ヨーロッパの中でも少し今ひとつパッとしない(失礼)国、行ってみると急ピッチで進められている工事(急ピッチなのは進捗が遅れているからなのだが)の傍ら、どこか時が止まったかのようなのんびりとした国であった。少なくとも日本とは違う。それは何故か。行ってみてもよくいまひとつよくわからない。

 その市之瀬氏のトークショーがNPO法人横浜スポーツコミニューケーションの主催で開催された。これは行かねばならぬ。おりしもユーロ開幕2週間前である。


 市之瀬氏は81年、コインブラ大学にサマー留学したことからポルトガルにかかわるようになった。惜しむらくは留学した時がちょうどシーズンオフだったため、ポルトガルサッカーを見る機会がなかったことか。81年と言うとカーネーション革命から7年しかたっていない。当時のポルトガルには政治熱が高かったと言う。今年からみても革命から30年なので、国民生活からみれば、まだずっと若い国なのだ。その若くて活気あふれる国で市之瀬氏はベンフィキスタ(ベンフィカサポーター)となり、ポルトガルサッカーと深くかかわっていく。何故ベンフィカなのか-それは当時(今もそうだが)、ポルトガルで一番知られていたチームがベンフィカだから。サッカーチームを好きになる理由としてそこをあげる人は多い。でもそれは自然なことだ。それを聞くと親近感を覚える。

 ポルトガルサッカーの魅力とは何か。市之瀬氏はルイ・コスタでもエウゼビオでもなく、フェルナンド・シャラーナという選手だそうだ。失礼ながらこの選手は全く知らなかった。自宅に帰って調べてみると80年代前半にベンフィカに在籍している。好きになったチームで好きな選手がいればはまってしまうのはサッカー好きにとってはよくわかる。


 ポルトガルサッカーの特徴とは何か。それは先ほど述べたようにベンフィカ、スポルティング、FCポルトの3チームで優勝争いが繰り広げられている。いうなれば1部リーグの中にディビジョンが2つ別れているようなものである。3チームとそれ以外という風に。

 3チームの優勝争いとなるとカードの魅力は限られてくる。3チーム同士の戦いならば白熱した試合となり観客も多く入ろう。しかしそれ以外、例えばベンフィカ対アカデミカのようなカードになると一気にスタジアムはガラガラになる。ベンフィカですらそうなのだから3チーム以外同士のカードになるとどうなるか。想像がつかないだろう。私はポルトガル北部のバルセロスという町でジル・ビセンテ対ベネレンセスというカードを見たが観衆は3千人程度であった。これもポルトガルサッカーの一つの現実である。

 このスタジアムに空席が目立つ点については私は不思議に思っていた。ポルトガルの第一のスポーツはサッカーのはずである。でも実際に彼らはスタジアムにゲームを見に行かない。ベンフィキスタがポルトガル全土にいるのはわかるが地元チームだって応援してもいいと思う。


 市ノ瀬氏によるとこの辺がポルトガルサッカーの問題点なのだと言う。経営的に見るとポルトガルのクラブは多くが破産状態にある。3強の現実は15弱の現実ということなのかも知れぬ。綺麗なスタジアムがバンバンできた。でもユーロが終わった後でどうやって運営するのだろう。市之瀬氏も非常に問題があると考えているらしい。ポルトガルの国民はおおらかだと思う。それ自体はいいことだけれども、おおらかなのはモラルに対してもおおらかだ、ということだ。行政、建築、チームの3者が手を組めばなんだってできる。せめてもう少し、集客を意識した運営をしてほしいのだが、いまのポルトガルにそれができるのかと思うと疑問に思う。市之瀬氏はJリーガーとポルトガルのクラブを代理人になってみたいそうなのだが、実現したら面白い。J2の選手だってポルトガル2部なら通用すると思う。


 さてユーロ2004である。ポルトガルはどこまで行くのか?市之瀬氏によると、西暦の下一桁が4で終わる年は南欧が優勝するのだそうだ。南欧というとまさにポルトガルがそうなのだが、期待できるか。もっとも南欧だってスペイン・フランス・イタリア・と、どこが優勝してもおかしくないのが多いから、たとえ今年が南欧優勝でもポルトガルには厳しいか。ルイ・コスタ、フィーゴ、フェルナンド・コート、日本人でも知っている彼ら黄金世代にとっては最後のチャンスだけに期待したい。

 ポルトガルに優勝の目はあるのか。ポルトガルサッカーの特徴は中盤でつなぐのが特徴とのこと。フィーゴ・ルイ・コスタで中盤をつなぎパウレタにパスを出す、そんなサッカーになるのだろうか。才能にまかせて点を取りに行くイギリスやフランスに対してショートパスを多用するポルトガル。「黄金世代」を束ねるのがブラジル人監督という点で考えると今のポルトガルは日本代表を連想してしまうといえば、ポルトガルサッカーファンには失礼だろうか。確かにルイ・コスタと中田、フィーゴと中村は比べ物にならない。ただ個人技に対して組織力で対抗するチームと考えるとレベルの差異はともかく志向としては似ている。フェリペが今ひとつポルトガル人から支持を得られていないというところまでも。

 市之瀬氏によるとポルトガルは代表チームを一つのクラブとして考えるとのこと。フチボルクルーペ・ポルトガル。ポルトガルで開催される大会をポルトガル全土でポルトガル代表を応援する、そうなれば強いかも知れぬ。長年、ポルトガル国民はスペインに背を向け続けてきた。ポルトガルにとって見るべき方向は海の向こうのアフリカであり、南米であった。しかし今回、ポルトガルはいままで背を向けてきたスペインと対戦する。黄金世代の最後の大会がいま始まる。内向的な国民が隣国とどう戦うのか、ユーロ本大会を楽しみたい。





平成16年6月9日
記:川戸
[PR]
by football-dojo | 2005-06-13 20:52 | フットボール道場
 
プレイバック 第2回フットボール道場
過去のフットボール道場の様子のレポートを掲載していきます。



 -------------------------------------------------


第2回 フットボール道場 at TIROS
  湯浅遊走流 蹴球術奥義皆伝 其の壱「光臨! ユーロ'72西ドイツ代表」

レポート

 去る八月八日の金曜日の夜、東京大門のフットボール・カフェバー「TIROS」にて、第二回フットボール道場が開催された。このトークイベント、きっかけは「もっと昔のサッカーの戦術や歴史について、いろいろと話したり、知らない若い人に理解してもらおう」と考え、長く続くサッカーの歴史、つまりはフットボールの歴史を共有する事で世代を超えた交流が出来るようになれば…などと一応の構想はあったりしたが、要は「フットボールのバカ話」。フットボールを話のタネに楽しく過ごそうというのが本来の目的だったりして。もちろん、楽しいだけでは酒場の無駄話と変わりない。そこでフットボールの識者を迎えて、いろいろと薀蓄を聞かせてもらい、今後のバカ話に広がりを…もとい、フットボールについて知識や見識を深めよう、という試みなのであった。
 ということで、今回はフットボール・コーチであり、またフットボールについて多くの書籍を執筆されている湯浅健二氏を迎え、そのフットボール哲学と湯浅氏がこれまで見つめてきたドイツ・フットボールを主題に、大いにフットボールを語ってもらおう、というのが、今回のフットボール道場の趣旨である。ちなみに妙に格式ばったイベントのテーマタイトルだが「道場」の名前ということでフットボールの技術に流派を導入しようという新しい試み…え? 実はプロデューサーの趣味!? なお、以降の文章では「サッカー」と呼ばず「フットボール」で通させていただく。



 今年の夏の天気は冷夏とのことで、フットボール道場を開催したこの日の天気も、台風が近づき朝から小雨が降ったりやんだりと、ぐずついた天気。最初、雨で出足が止まるかと危ぶんでいたのもつかの間、そんな小寒い気候の中でも、参加者が続々と集まってくる。イベント開始には、ほぼ満席に近い状態。そして湯浅氏がいよいよ登場、フットボール道場のキックオフと相成った。
 今回はゲストの湯浅氏のほかに、オールドフットボールファンである小出正三氏に湯浅氏の話の山椒役として参加いただいた。ただ、この日は湯浅氏の早い話の展開に話題の移り変わりにあまり突っ込みどころがなく、手持ち無沙汰のような感じになってしまったが…。
 まず「お互いがフットボールを勉強をする場として、このトークイベントを楽しみたい」と湯浅氏の挨拶に続き、出だしから一気呵成に湯浅節が炸裂。まずは、西ドイツ代表(当時)の話で「72年が最も素晴らしいチームなんだけど、ドイツへ(コーチ留学に)行ったのは74年なんで、リアルタイムには見た事がない」…て、いきなりの発言。しかし「70年代を体感している」という言葉通りに、当時のドイツ・フットボールの戦術から考え方、選手やフットボール協会の意識までもが実に事細やかに解説され、参加者もとても楽しく興味を持って耳を傾けていた。
「72年のドイツと76年のドイツはフットボールの質やレベルが違う」
「72年のチームはシステムでの役割やプレースタイルのバランスが素晴らしい」
「76年のワールドカップ大会は、リベロを生み出した大会」
「ディフェンスのポジションにいたベッケンバウアーが前線に上がることで彼がリベロのポジションを確立し活躍した」「74年はベッケンバウアーのチームになっていて、ネッツァーの入るすき(ポジショニング)がなくなっていた」「現在進めている人材育成で今のドイツにも良い選手が育ちつつあり、2010年には美しく強いチームになっているのではないか。」など、当日配布された70年頃当時のメンバーの記録の書類を見ながらドイツ・フットボールについて、あちこちに話題が飛びつつ(まさにトークのフリーランニング!)語られる。そして話は、ドイツ・フットボールの話から監督論へ移行していったが、ここでも湯浅氏の合理的で深い見識の意見が出され、参加者を大いに啓発したようだ。



 監督論が出たところでいったん休憩に入り15分ほどのハーフタイム。そして後半は、湯浅氏の話を中心に、参加者が質問や意見を出していくディスカッション形式で進められた。ここでは湯浅氏のドイツフットボールの話だけでなく、監督論やチーム論、フットボール哲学などが全般的に語られ、さらに充実した内容となった。70年代のドイツ代表チームから近いところでは、このトークイベントの直前に行われたレアル・マドリードとFC東京の試合など、具体的な例としてチームや選手を挙げ、それを肴に試合の印象やフットボール観を互いに語り合う、…ってほどでもなく、参加者の質問に答える形で、湯浅氏氏独特のフットボール理論が展開された。ここでの話の主だったところを挙げれば、
「(参加者からのレアルでのベッカムの状態の質問を受けて)ベッカムは前半は上手くかみ合っていなかったが、後半はボールが回り始めて良かったのではないか。ただジダンが入ってきていたらどうかは、まだ判らない」
「全速でどれだけ長く走れるか、回復をどれだけ早く出来るか、が良い選手の鍵」
「74年のオランダ代表の動きに挙げられるように、ディフェンスの動きの速さが、オフェンスの動きを決める」
…日本やドイツのフットボール協会の話も出て、その中で触れる程度だったがそれに絡んだ組織論の話も上がるなど、…いやホントに面白い話ばかりだった。
 最後に質疑応答を行い、非常に濃密な内容の時間を過ごしたのだった。特に選手のパーソナルな部分(性格)が監督と合わないときはどうしたらよいか、という質問については「性格が合わないのではなく、監督が提示する戦術の理解度が低い、と考えるべき」という回答は、非常に意味深く、湯浅氏の合理的な考え方を一端を表しているといえる。



 トークイベント終了後は自由参加での懇親会を開き、お酒やソフトドリンクを飲み食事をしながら、ドイツ・フットボールの映像を観戦、参加者はフットボールの話に花を咲かせていた(主旨からすればこっちがメーンイベントだったりして)湯浅氏も飛び入りで参加し、ときおり試合を解説。懇親会も大いに盛り上がった一夜であった。





平成15年9月7日
記: 鳥海
[PR]
by football-dojo | 2005-06-13 20:50 | フットボール道場
 
第10回フットボール道場 at TIROS    ENTER THE CLUB
飲める、語れる、居酒屋談義トークショー
第10回フットボール道場 at TIROS
ENTER THE CLUB!



すこし前に、「サポーターとは何ぞや?」「俺はサポーターと名乗って良いのか?」
という論争がありました。
岡田武史氏の「サポーターはチームとともに闘うなかで
感動を得る。ファンはお金を払って感動を買う
」という言葉が
その回答として明確に言い表しているように思います。

それでは、そのサポーターやチームが集うクラブというのはどのような
存在なのでしょうか?
家族でもなく、国でもなく、会社や学校でもないし、そうであるとも言えます。
つくづく不思議な存在です。

また、そのクラブの選手でもコーチでもスタッフでもない僕たちサポーターが
クラブの一員であるというのは、どういうことなんでしょう?

今回のフットボール道場では、東本貢司さんをお迎えし、
母国イングランドのプレミアから草の根に至るクラブ事情から、
僕たちのクラブライフのヒントを得たいと思います。

題して ENTER THE CLUB!



■■g u e s t
  東本 貢司氏 フットボール・ライター

1953年 大阪府出身
青春期をイングランドの古都バースのパブリックスクールで送る。
ジョージ・ベスト、ボビー・チャールトン、ケヴィン・キーガンらの
全盛期を目の当たりにしてイングランド・フットボールの虜に。
雑誌「ワールドサッカーグラフィック」の編集に携わった後に、
テレビ解説、コラム執筆、翻訳など多方面で活躍。
一貫して「文化としてのサッカー」を提唱している。
著作『SATURDAY IN THE PARK』
   『イングランド/母なる国のフットボール』他
訳書『ロイ・キーン』
   『捨てられたベッカム ファーガソンはなぜ愛弟子を追放したのか』他
コラム連載 サッカー批評、スポーツ・ナビ、携帯サイト「超ワールドサッカー」他
スカイパーフェクTV・プレミアリーグ放送コメンテイターとしてもおなじみ。
        

■■m a t c h s c h e d u l e
  6月17日(金)
  開 場・・・・18時30分
  開 演・・・・19時05分
  懇親会・・・・21時00分

■■t i c k e t i n g
  トークショー・・2000円(ワンドリンク付)
  懇親会・・・・・・・・2000円(食事付)
  footballdojo@yokocom.orgにて好評予約受付中!
  お名前、参加人数、連絡先、懇親会の出欠をご連絡ください。  
  折り返し、ご連絡いたします。

■■v e n u e 
  フットボールカフェ TIROS
  東京都港区芝大門1-16-8 大門葵ビル地下
  電話03-3578-0377
  JR浜松町駅北口 都営地下鉄大門駅
  大門交差点角のサンクス隣
  メガネドラッグの下
  地図はこちら

■■i n f o r m a t i o n
  特定非営利活動法人
  横浜スポーツコミュニケーションズ
  http://www.yokocom.org/
  footballdojo@yokocom.org
[PR]
by football-dojo | 2005-06-11 11:38 | フットボール道場
 
スタート
みなさん、こんにちわ
ヨココムの福島成人です。

突然ですが、フットボール道場のBlogをスタートさせます。
オープンは随分前にしていてたのですが、ようやく運用開始です。

フットボール道場というのは、NPO法人横浜スポーツコミュニケーションズが
お届けするサッカーについてのトークショーイベントです。
これまでの開催レポートはこちらをご覧下さい。
フットボール道場裏門

で、大変お待たせしましたが、2005年度の初開催が
6/17(金)TIROSで決定しました。
ゲストはプレミアの中継でおなじみの東本貢司さんです。

詳しい内容は・・・・しばしお待ち下さい。
[PR]
by football-dojo | 2005-06-08 16:18 | フットボール道場


これまでのフットボール道場

関連リンク
ヨココムホームページ


過去のフットボール道場を配信中!
ポッドキャスティングチャンネル
ヨココムTV

以前の記事
2009年 05月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
カテゴリ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧